ランドセル選びで重視すべきポイントとは?カラーや機能性をチェック

サイトマップ
ランドセル選びで重視すべきポイントとは?カラーや機能性をチェック

ランドセルで実用性を重視するならチェックするべきポイント

折り紙のランドセルと木の家

小学生の必需品といえばランドセルです。ほとんど毎日使う物ですので、実用的なものを選んであげたいものです。使いやすいランドセルを選ぶ際に、チェックすると良いポイントを紹介します。
ランドセル選びの際にチェックすると良い点として、一つは重さが挙げられます。通学の時に毎回使うものですので、軽くて負担にならないものがおすすめです。教科書や資料集など、学校に持っていくものはたくさんあります。低学年のうちは子どもの体もまだ小さいですし、軽い素材のものが良いでしょう。ランドセルの素材として使用されるものには、牛革や馬革、人工皮革などがあります。本革よりも人工皮革の方が軽い場合が多いです。本革は強度があり質感が良いですが、少し重さがあります。軽いランドセルを選びたい場合は、人工皮革でできたものがおすすめです。
二つ目のポイントは、背負いやすさです。背負いやすい設計のランドセルだと、体への負担も少なく、軽く感じられます。背負いやすいランドセルは、背中部分にクッション性があり、肩ベルトが広いという特徴があります。背中側にクッション素材が入っているものや、ベルトが幅広のものを選ぶのがおすすめです。使いやすいランドセルを選ぶなら、軽くて背負いやすいかどうかをチェックしてみてください。

ランドセルの選び方のポイントとは

お子様の小学校入学時の定番アイテムと言えばランドセルです。今現在小学校入学間近のお子さんをお持ちの親御さんの中にも、子ども時代のランドセルの思い出をたくさんお持ちの方もいらっしゃることでしょう。最近では、カラーやデザインのバリエーションもかなり多様化し、お子さんの個性や好みに合わせて最適なランドセルを選べるようになっています。女の子であれば、かわいいデザインやカラーのアイテムに目がいくものですし、男の子なら機能的かつ見た目にもカッコいいものを持ちたいと思うことでしょう。入学の記念でもあり、最大で6年間持つことになるランドセルですから、まずはお子さんの希望や好みを聞いてあげてみてください。
人気のアイテムの中には、見た目におしゃれなデザインと軽くて丈夫など高い機能性を両立させたものも珍しくありません。まずはカラーやデザインなど、見た目に関するお子さんの希望を聞いてあげて、その上で機能面について親御さんで検討していくと良いのではないでしょうか。あまりにもたくさんの種類があり迷ってしまうかもしれませんが、時間を掛けてカタログやWEBページなどを見てお子さんと話し合うのも、親子の貴重な時間であり後々きっと良い思い出になることでしょう。

長く使える丈夫なランドセルを選ぼう

ランドセルは一度購入すると小学校卒業までの6年間使い続けるので、長く使える耐久性の高い物を選ぶのがおすすめです。最近は低価格で購入できて、それでいて丈夫にできているランドセルもあるので、耐久性を重視したからといって高くなりすぎることもありません。丈夫に作られているランドセルにもいろいろタイプがありますが、たとえば普通に使っているとダメージを受けやすい部分が特に補強されている製品は、毎日使っていてもそう簡単には壊れないので良いでしょう。例として、角やフチの部分はこすったりぶつけたりしやすいので、縫製がしっかりしているものや、二重にして補強している物などは最適です。
縫い目のパターンが細かすぎる物は強度の点からは良くありません。穴が増えることで裂けやすくなったり、浸水したりするので、シンプルで縫い目の少ない方が長持ちしやすいです。素材自体が耐久性や防水性に優れた物を活用しているタイプは、まさに耐久性を研究して作られた素材であるため、それを使用したランドセルも6年間しっかり使えます。
ランドセルを選ぶときは、見た目や安さなどで選びがちですが、それが失敗の原因につながります。長く子供の成長を見守ってくれる耐久性も、選ぶ際に重視しましょう。

お知らせ

TOP